脂っこいものや揚げ物が好きな人は、健康診断の結果、特に中性脂肪やコレステロールの値がとても気になるのではないでしょうか。

食用の油にはたくさんの種類がありますが、体に良い油として、オリーブオイルや亜麻仁油などはよく耳にするかと思います。

油は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられますが、飽和脂肪酸は主に動物性の油で、体内で合成できる脂肪酸のため、摂取量が多いと悪玉コレステロールや中性脂肪の増加につながります。

不飽和脂肪酸は主に植物性や魚の油で、体内で合成できないため、摂取する必要がある必須脂肪酸になります。

不飽和脂肪酸の「カメリナオイル」は、中性脂肪やコレステロールを下げるオメガ3、6、9がバランスよく含まれている体に良い油として注目されています。

カメリナオイルは、アブラナ科のカメリナサティバ(別名アマナズナ)の種子を絞って作られた油になります。

熱を加えずにじっくり丁寧に絞るコールドプレス製法(低温圧搾)で作られているので、健康にマイナスであるトランス脂肪酸も発生しません。

また、カメリナオイルは熱に強いので、熱い味噌汁や炒め物に使っても栄養成分が壊れることはないので、いろいろな料理に使うことができます。

TBSテレビ「名医のTHE太鼓判!」という健康番組でも取り上げられ、中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあり、体に良い油であると紹介されました。

中性脂肪やコレステロール値が高い方、また健康に気を付けている方は、カメリナオイルを使ってみてはいかがでしょうか。

興味のある方は、以下より詳しくご覧ください。